Antique STI

骨董買取といえばオススメがあります

骨董店も多様化する時代

骨董の面白さの一つは他の人にとってはまったく価値のないものがある人にとってはどんなに苦労してでも手に入れたいほど価値のあるものになることです。収集対象は古美術品から民具、陶器のかけらや古布、雑誌の付録やメンコの類いまで非常に幅広くなってきているのが特徴になります。一口に骨董と言ってもどこのどんなお店に置かれても絶対的な価値を持っているものもあれば、特有の趣味や嗜好を持つ人にとってだけ価値を持つものもあるのです。 前者は例えば高名な画家や書家、陶芸家などの作品や初期伊万里など古窯の陶磁器、大名に献上された精巧緻密な工芸品などで、美術館に収められてもおかしくない名品や逸品が多くなります。後者ははなはだ多種多様で、このようなものまでもがというような珍品も好きな人にとってはコレクションの対象となるので、極端にいえばありとあらゆる古いものは売買の対象となるのです。かつては時代の新しいものや少数の愛好者しかいない趣味性の強いものは骨董界では軽視されていましたが、最近では骨董店も細分化が進み、扱うものも多彩で柔軟になってきています。